モノエの奇想天外な半生

  • 2020.10.23
  • new
モノエの奇想天外な半生

皆様こんにちは!福岡支店セクションチーフのモノエと申します。
突然ですが、今日は私のこれまでの人生について振り返ってみようと思います。
上手く書き表せるか分かりませんが、お付き合い頂ければと思います!

モノエ 千葉県松戸市生まれ 実家はサッカーで有名な浦和
24歳 B型 独身女性 現在は福岡市在住、福岡支店で勤務。

長所:明るくポジティブ、負けず嫌い、チャレンジ精神
短所:細かいことが苦手、世界とズレている、マイペース

趣味:意外にも読書。東野圭吾が好き
特技:ダンス、ドラム、一度通った道は覚えられる


ちなみにモノエという苗字は福島の会津特有で、全国に300世帯くらいしかないレアな苗字です。
そして1回で聞き取ってもらえる可能性は非常に低い…でもレアだから!(嬉)

モノエの現在

株式会社イベント21 営業入社2年目 福岡支店所属

福岡支店 セクションチーフ
新卒採用委員会Rメンバー
コアバリューリーダーシップチームメンバー

2020年2月27日にオープンした、九州エリア初の福岡支店で支店長を務めております。
福岡支店の平均年齢は22.2歳!何と私が一番年上…。実にフレッシュな面々でやらせて頂いてます。
新卒採用委員会R、コアバリューリーダーシップにも所属し、今年で一気にやることの幅が広がり嬉しく思っています。

マイコアバリューは挑戦

これは小さい時から、大切にしているというよりは自分が持ち続けているマインドです。
私の基本的な判断基準は
やらないで後悔するよりやってみたほうが良い!と思うこと
失敗しても死にはしないと思うことの2種類くらいしかないです。

ここからはモノエの現在までをご紹介しましょう!

奇想天外な幼少期

モノエは奇想天外な子どもでした。
外で遊ぶのが大好きで、隙あらば公園やプールへの逃走を繰り返していました。
最も奇想天外だったのが、全く知らない子に名前を聞いては
日が暮れるまで一緒に遊ぶという行為を毎日のようにしていたことです。
そんな事を繰り返し、公園で遊ぶだけの関係の子がたくさんいました。

若干のチャラさを見せつけた幼少期、幼稚園には真面目に通っていました。
ここで大きな転機が訪れます!

新体操との出会い

私が通う幼稚園は新体操クラブがありました。(リボンやフラフープをクルクル回すアレです。)
赤ちゃんの時から体が固かった私、両親はケガを心配していましたが、私はやってみたい!の一点張り。とりあえず始めてみることにしました。
運動が大好きだった私は、一生懸命というより夢中になって打ち込みました。
そして、超超超負けず嫌いの性格が幸いし、大会でもメダルを獲るくらいには選手として成長していきました。

アクティブな小中学生

小学校では、男の子に交じって外で遊ぶ系の女子でした。
ドッジボールやサッカーをして、負けると泣いて帰ったり(笑)
休み時間を決闘と勘違いして本気で遊んでいました。

勉強もちゃんとしていましたよ!理科が好きで、実験や自由研究が楽しくて仕方なかったです。
ジュースと水の蒸発スピードって違うのか?と思い自由研究のテーマにしました。
紙皿に乗せてベランダに置いたので全て風で飛ばされましたが(笑)
実験結果、風で飛ばされたと書きました。やり直すという思考は無く、奇想天外です!
金管バンドに入っていたので、ドラムと出会ったのも小学校です。

中学校には珍しいことに新体操部がありました。部には未経験選手もいましたが、団体競技で関東大会出場の実績がありました。指導してくださった先生が元日本代表選手だったので、毎日しっかりと練習していたからです。
長年の経験があった私は、1年生からレギュラーになりましたが、先輩からは長いこと良く思われていませんでした。まあそういうものです。
いわゆる体育会系という精神は中学でとても勉強になりました!

中学校は部活に打ち込み、高校も新体操の推薦で進学しました。

人生初の挫折

高校には、新体操の推薦で進学しました。スポーツ系の高校で、運動部は超が付く程強豪揃いの学校でした。

中でも新体操部は特にすごかった。ランニングとは思えないスピードで(ダッシュ)何十分も走る、
終電までの練習、5時起きで毎日朝練等。覚悟はしていたし新体操が大好きだったけど、遂に限界が来てしまいました。
何かを途中で辞めたことがない私が、初めて辞めたいと思ったのが新体操でした。

何度も顧問と話しましたが、2年生になるタイミングで新体操を辞めることにしました。辞めてからは普通の女子高生になって、バイトしたり遊んだり、高校生活は結構楽しむことができたと思います。

新体操を辞めたくて辞めたことは、私の中では挫折です。
これを経験して学んだことが2つあります。

続けることが大切。やったことは自分に返ってくる
 厳しい練習も、やり続けていれば必ずできるようになると感じました。途中で辞めてしまったけど、最初は出来なかった技やメニューが着々と出来るようになっていました。自分が練習したり、やってみたことは必ず成果になって目に見えることを身に染みて感じました。

自分がどうしたいかが一番大切
 自分の意思に従って動くことが大切だと強く思いました。新体操に関しては周りらの期待や推薦で入部したこともあったので、続けるしかないのかなとずっとウジウジ悩んでいました。でもこの時の私はとにかく辞めて自由になりたいという意思がありました。その意思に従って辞めた結果、その後の高校生活はめちゃくちゃ豊かになって、勉強する時間も増えて本当に良かったです。物事を途中で辞めるのはもちろん良くないと思っています。でも私はこの時自分の意思で決断したことは後悔していなくて、意思が大切だということを学びました。

ダンサー大学生

東京都八王子市にある理工学系の大学に進学しました。
理科の中でも生物が特に好きで、再生医療に関わる仕事がしたいと思ったからです。
最終的には遺伝子とガン検査に関する研究をして、卒業しました。

大学での勉強は、正直言って前述の3行で終わるくらいしか内容がありません。私が打ち込んだことは他にあったからです。

ダンスとの出会い

だいぶガラ悪いですが、皆ピュアで良い子たちです(笑)
私の大学生活のほとんどの思い出がダンスです。
ストリートダンスのサークルでHIPHOPをメインでやっていました。
サークルと言っても結構本格的に活動してて!先輩にはプロのダンサーとして活躍してる方もいます。

大学時代に打ち込んだダンスで、今の自分に繋がっていることがあります。

チームリーダーとダンス講師で学んだこだわり
 3年生でHIPHOPチームのリーダーになりました。一言でHIPHOPといっても様々なスタイルがあります。先輩は皆めちゃくちゃ上手くて、サークル内には多くのチームがありましたが、HIPHOPは群を抜いてクオリティが高かったです。そんな上手い先輩たちがやっていたのは、ミドルスクールという90年代のスタイルでしたが、私はもっと近年のスタイルが好きでした。EXILEや三代目J Soul Brothersみたいな、いわゆるニュースクールというジャンルですね。

先輩ほどスキルに自信ないし、スタイルを変えてチームが弱くなったと思われたらどうしよう…。ずっと周りからの目を気にしていました。チームリーダーになると同時に、八王子市のダンス教室での講師も始めたのですが、ダンス教室を一緒に運営している文化会館の主任から言われた言葉があります。
自分が良いと思っている物じゃないと人には伝わらない、自分のビジョンに付いてきてくれる人と一緒に頑張れば良い
この言葉を聞いて、サークルのチームでも講師していたクラスでも、スタイルを全部変えてやり続けました。私のスタイルがカッコ良いと思って入りました!って言ってくれる後輩が出てきて、HIPHOP一強時代を守ることができたので、自分のスタイルを貫き通して本当に良かったし、意志やこだわりを持つことで自分がやっていることを豊かにできることを学びました。

ついに就活、イベント21と出会う

ダンスばかり一生懸命やっている私にも、ついに就活をする時が来ました。
生物学部だったので、周りは医薬品や化粧品メーカーに就職する学生がほとんどでした。

自分が本当にやりたいことって何だろう。考えた結果、コンサートやライブの演出に関わる仕事にしようと思い立ちました。
映像関係、特効関係、コンサート制作など色んな会社の説明会や選考会に行きましたが、専門知識や経験が無かったのでかなり厳しさを感じてきました。

メディアや広告系で面接を受けた会社もありますが、まず志望動機からボロボロでしたね(笑)本気でやりたいと思ってなかったので。ビジョンとかも全くなかったし。理念や経営方針も専門用語が多くて、結局何をするのかよく分からず説明を聞いてた会社もあります。というか私自身本気で知ろうとしてなかったんだと思います。

どの業界もしっくり来ない…けど就活浪人するのは嫌!そんな時ふと「東京 イベント会社」というワードで検索をしてみました。ここで出会ったのがイベント21です。

最初にインパクトを受けたのは、どのページか忘れてしまったけど社長のことです。先代が急遽し会社を継承してから、働きすぎて年に5回も病院送りになったという文を見たときシンプルにビックリしました。

今ではこの記事にも書いてありますね!
中野愛一郎という経営者を知る!人生は面白い。

そんな人が社長をやってる会社ってどんな感じなんだろう…。気になった私はすぐに説明会に参加しました。
それまでもいくつかの会社の説明会に参加しましたが、イベント21の説明会は全く違って面白かったです。その時新卒だった神奈川支店のSさんが堂々と司会をしていて、ただ説明されるだけじゃくて、私たちが気になっていることに合わせて話してくれる会社なんて無かったので色々と驚きました。

なぜ私が就活をダラダラとしていたかというと、単純に社会で働くのが辛くてつまらないことだと思っていたからです。
でもこの会社なら!何か面白いことが出来そうと直感的に思いました。
何より理念やコアバリューという存在を初めて知って、率直に感動しました。
仕事内容においてもライブやコンサートだけじゃなくて、色んな種類のイベントのまずは裏側を知れるんじゃないかと思い、選考を申し込みましたね。

始めて面接でちゃんと緊張しました(笑)本当に入りたいと思って受けたので。
緊張していて、面接で何を話したかあまり覚えてない…。
けど着飾った言葉じゃなくて、自分の想いを伝えようって思ってたことは覚えています。あと多分面接官は当時東京支店長だったFさんだったと思います。

奇想天外な1年目

ここから私の奇想天外な社会人生活がスタートします。
イベント21ではお馴染みの新卒3か月目標。事前の新卒研修合宿で、チームリーダーのKJさんや東京支店の先輩と一緒に考えました。

私の目標は、「累計粗利目標150%達成」目標の1.5倍稼がなきゃいけないことは分かるけど、どれだけ大変なのかとか、何をしなきゃいけないとか正直全く分かっていませんでした。
ここは持ち前のポジティブさで、とりあえずやってみよう!先輩もいるし。と思っていましたが、やはりかなり大変。
まず見積書が何なのかが分からない(笑)内容というより、見積書が何の書類なのかが分からない。世間知らずでしたね

だから、初めて発注頂いた時「おめでとう!」って言われたけど何がめでたいんだ?と思っていました。漠然と、このままじゃいかんなと入社4日目くらいにして焦りまくりました。
その時の私を助けてくれたのは、周りの先輩でした。とにかく世間知らずな私、次やることが何なのか全く分からない。先輩も忙しいはずなのに、一つひとつ丁寧に教えてくれたし、私も早く覚えようと必死でした。

第2回恩祭りin中野にまさかの出演
関東のイベント21祭り「恩祭りin中野」のステージイベントで、ダンスを披露しました。大学時代のHIPHOPチームの後輩を呼んで、サークルの卒業イベントで踊ったネタを基に少しアレンジして披露しました。
サークル時代に戻った気がして楽しかったなあ。一番はDA PUMPのUSAの振り付け講座をキッズ向けにやってみたこと!あっという間にキッズが集まってきて、親御さんたちも嬉しそうに見てくれました!

私自身イベント21祭り初参加だったので、来場くださる方の人数や年齢層が不明でしたが、思い切ってやってみてすごく良かった。挑戦してみて良かった!と思いました。

そんなこんなで、あっという間にサマコン!必死であっという間に3か月が過ぎてしまって。自分の成長を感じる間も無く過ぎていきました。
でも、目標は達成してた!やれることはやったしと思って、緊張しつつ会場に入りました。ちゃんと練習してない口頭での3か月目標の発表が一番心配でしたね(笑)

◎プラチナルーキー受賞

何と、一つの目標にしていたプラチナルーキー賞を頂くことができたのです!負けず嫌いで、自分が一番じゃないと気が済まない私。正直めっちゃくちゃ嬉しかったです。でも一番思ったのはチームへの感謝でした。綺麗ごととかじゃなくて本当に。KJで良かったなって思うし、チームに恩返しするつもりで挑戦し続けようと決意する日にもなりました。

10月に10years Vision summitに参加
あんま良いこと言えなかったなあ。でも何か一つでもやることを決めよう!と思った時に、イノベーションという言葉が出てきました。モノエがいることで革新的な爆発を起こしたいと思ったのです。この時はやっぱりライブの演出とか視覚的に表現する物に関わりたいと思っていたので、ライブ×ダンス事業を生み出します!と宣言してきました。しかし中野社長はこの数週間後にイノベーションを創造していました。

モノエさん、福岡支店長やらへんか?

ここから遂に奇想天外ゾーンです。
東京支店に来社していた中野社長。突然私に、「俺とんでもないイノベーション思いついたぞ!ちょっと下で喋ろ」と二人で東京支店の裏手の公園へ。入社半年の私、社長に呼び出されるなんて、もしかして何かやった…?と緊張しながら外へ出ました。
「モノエさん、福岡支店長やらへんか?」最初何を言われたか分かりませんでした。分かった時には二人で大爆笑していましたね(笑)
実は私は埼玉支店に異動する予定だったのです。だからまず次期埼玉支店長のFさんの顔が浮かびました。少し考えさせてくださいとお伝えし、ここから悩みの日々が始まりました。人生の転機が思ったよりずっと早く訪れました。

悩むなんて大それた事じゃなくて、今思えば踏ん切りがつかなかっただけなんですけどね。実家から出るのも不安だったし、知らない土地だし気軽に帰れる距離じゃないのに。しかも埼玉行くって言っちゃったし!とかウダウダ考えていましたが、気持ちは行く一択でした(笑)ただ決心がつかなかっただけです。

色んな人が背中を押してくれました。当時の東京支店長や、私が行くはずだった埼玉支店長、関西からも相談に乗ってくれる先輩が居たけど、皆「やりなよ!」って言ってくれました。誰も止めたり、出来るの?って言わなかった。
最後は社長の「守る物なんて何もないやろ!」が決定打となり、やっと決心がつきました。

福岡支店の立ち上げ作業&現地入り

行くと決まったら、いよいよ立ち上げ作業が始まりました。何もかもが初めてのことで、分からないことだらけでした。武者修行で全国の支店を回らせてもらい、拠点長の皆様には色んなことを教えて頂きました。
事務所探しに苦労しながらも作業を進め、何とか物件契約。安心する間もなくネットやら電話やらインフラについて調べて情報を集めていきました。
ここで一番感じたのは、働ける環境って当たり前じゃないってことです。想像以上に大変でした。何から何まで契約して、書類の内容も大して分からないので1つ1つ調べたり聞いたりして…。立ち上げをやってみて一番思ったことだし、これは皆にも分かってほしいなあと思ったことです。

初の福岡支店視察!ガラス貼りの綺麗な事務所にテンション上がりました。色んな人に協力してもらって、一生懸命探して良かったー!

デスクの到着待ち。パソコンの段ボールをデスク代わりに頑張ります(笑)床に座っていたので、お尻が痛かった。デスクのありがたみを知る機会になります。

ビジョンを作るのも初めてでしたが、これも結構苦労しました。ビジョンと言ってもただやりたいことだけじゃなくて、その為の論理的な道筋や明確な手段が必要です。私だけじゃなくて支店ビジョンになるので、かなりプレッシャーを感じながら作りました。「次世代を担う、イノベーションチャレンジャー」は結構気に入っています。

遂に福岡支店OPEN

2月27日、遂に福岡支店がOPENします!社長、マネージャー陣も遠い中足を運んでくださって、テープカットで幕を開けました。この日めっちゃ寒かった!マネージャーはここから2か月間、福岡に滞在してフォローしてくれました。

他の拠点から、オープン日に贈り物が届きました!これは西日本支店から頂いたお花と、奈良本社から頂いたチェキと、神奈川支店から頂いた暖簾!
めっちゃ感動したし、距離離れてるけど一人じゃないな~と思い涙。泣いてはないけど、本当に嬉しかったです。

こんなにいろんな人に協力してもらってOPENできた訳だから、結果出して恩返ししようって決めました。この時はコロナがくるとは思ってなかったですが…

1年の締め、経営方針発表会

既に福岡に行っていたので、東京支店のメンバーに久しぶりに会えて嬉しい私。リーダーのKJさんとも久しぶりに顔を合わせます。
支店ビジョンの発表も終わり、コンテンツはアワードに移ります。

◎グレイトチーム賞受賞

チームKJでグレイトチーム賞、最優秀賞を受賞することができました!KJさんは営業エース賞を2年連続獲得し、私とチームKJのMさんの福岡への挑戦を評価頂いた結果でした。いやー、めっちゃ嬉しかった!サマコンで賞を貰えたのはチームKJのおかげで、賞貰って自信に繋がったから福岡も挑戦しようって思えたので、チームで賞が頂けて嬉しかったです。

◎最優秀賞受賞

まさかの最優秀賞を頂きました!めっちゃビックリした!嬉しかったけど、ちょっとだけいいのかなって思ってしまいました。一番大きかったのは、賞を貰ったのに、いいのかなって思ってしまったことに対する悔しさです。素直に喜べないのは、自分がやりきれてないからだと思いました。知らないこと、出来てないことが多すぎて、今の自分に自信がなかったら遠慮の気持ちが出てしまったんだと思います。こんな素晴らしい賞なのに、皆が欲しい賞なのに。それが心の底から悔しかったです。
それとはまったく別に、支店の立ち上げに関わってくれた全ての人に対する感謝の気持ちがありました。絶対に結果で恩返ししなきゃと思いました。けどこの結果自分で出せるのかなっていう不安と自信の無さも、いいのかなの原因だと思うので、今年でこの賞に見合った人間にならないとなと思います。

なぜ拠点長に手を挙げた?

私が拠点長をやろうと思ったのは、誰にでもあるチャンスじゃないと思ったからです。何なら社会人一年目ぺーぺーの私にこんな良い話、一生に一度あるかないかだと思ったからやりました。決心が付かなかっただけで、やると決めていたのはこれがチャンスでしかないと思っていたからです。出来る出来ないで考えたら、出来ないと思いました当たり前に。営業としてのノウハウや、社内外で色んな繋がりを作る力だって私には無いと思いました。でもそれって出来ないんじゃなくてやったことないだけだから、こんな良い話乗らないと負けでしょ!どんなことだって、やってみたらいつかできるわけだから、出来ないって理由で拠点長を断ったら一生後悔すると思いました。だからやりました。
その時はどうしたいっていうのは正直明確になくて、絶対そっちの方が面白そうと感じたからです。人生何があるか分からない!奇想天外ポイントです!

2年目の私と福岡支店の展望

いよいよ福岡支店としてスタートしました!新卒も加わり、福岡支店のビジョン「次世代を担うイノベーションチャレンジャー」を全員で進めています。
2Qの結果としては数字面でかなりの課題が残る期間となりました。特に決定率と案件対応数が目標に全然追い付いていません。数字面と文化面両方で結果を出していくべきだと思います。イベント21を広く知ってもらって、九州エリアのお客様にも喜んで貰えるようなサービスを徹底していきます。


文化面での大きな進展は、社歌プロジェクトを発足したことです!ウィンターゲートで発表できるように進めているので、楽しみにしていてください。

私の今後の展望としては、常にチャレンジしつづけ、後輩に背中を見せられる先輩にまずはなります。役職者になりたい若手がたくさんいる会社にしたいと思ってます。その為には自分が先陣切って背中を見せていくべきだと思うので、まずは支店をしっかり取りまとめて、存在感を出していこうと思います。
課題は山積みですが、一つひとつPDCAを回せるよう整理します。

今後ともイベント21福岡支店をよろしくお願いします。

長々とありがとうございました!奇想天外な人生、オススメです。

newカテゴリの最新記事